読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am Natsco

お金はないけど、暇はある。自由を持て余して考えてみたり、旅してみたり。2017年はアウトプットが出来る人間になりたい。

LCCのScootで台湾・桃園空港へ行ってみた。


やぁ、知覚過敏が辛いNatscoだよ。
台湾一人旅に行ってきましたので、レポートを書きます。

1人で海外に行くのははじめて。
綿密に計画を立てようとした矢先、お引越しが決まったため、物件探しやらなんやらで、あれよあれよという間に出発日となってしまいました。
あらかじめ予約しておいたホテル以外、完全にノープランです。
あぁ、こわいこわい。

早速、桃園空港までのレポートです。

今回利用したのは、「Scoot(スクート)」
チケットはセールで購入。往復購入で、復路が1000円とか、そういうセール。手数料等全て込みで、往復15000円ほど。お安い。

成田空港までは、銀座駅からでているシャトルバスで向かいました。こちらは予約なしで1000円。お安い。

成田空港第2ターミナル北でバスを降りるとすぐ、Scootの受付がありました。

f:id:nats-co:20160315133118j:plain


出発2時間前きっかりに到着すると、すでに行列。30分ほどならんでようやく手続きに進みます。

f:id:nats-co:20160315133250j:plain


私のチケットは、どこまでも安さを求めて予約。
預け入れ荷物なし、機内持ち込み7kg(+パソコンがあればさらに3kg)まで。

試行錯誤ののち、スーツケースの重さは6kg。パソコンは持っていませんでしたが、ショルダーバッグ込みで10kgまでとのこと。(手荷物は1つまで、とのことでしたが、小さめのバッグはノーカウントのよう)
ちなみにショルダーバッグを入れた重さは8kg。ショルダー重っ…!
これは、帰りは無理な気がするなぁと思いながら出国手続きへ向かいます。

f:id:nats-co:20160315133326j:plain


(この間、ATMで日本円を引き出すのに失敗を繰り返す。第2ターミナルのUFJのATMは、出国ゲートのある3階から下に降りて1階、到着階にありました)

非常に流れ作業的な手荷物検査、出国審査を経て、搭乗ゲートに向かいます。
この日のゲートはいっちばん遠く。歩く歩く歩く。
おっきい飛行機が止まっていました。ボーイング。おっきい。

f:id:nats-co:20160315133406j:plain


搭乗開始はちょっと遅れましたが、支障が出るほどではなく。みなさん黙って並んでおられました。

機内は普通。(お高い飛行機に乗ったことがないからかもしれませんが)

f:id:nats-co:20160315133444j:plain


座席の狭さも普通。

f:id:nats-co:20160315133522j:plain


スーツケースを荷物棚に入れるのを手伝っていただきましたが、お姉さん方の対応も丁寧でした。

そろそろ着きますのアナウンスのあと、突然謎のイルミネーション演出がなされたことと、
着陸します、机しまってください!の後に入国カードを渡されたのは不思議でしたが、快適な空の旅でした。
広告を非表示にする