I am Natsco

お金はないけど、暇はある。自由を持て余して考えてみたり、旅してみたり。興味の方向がとっ散らかって広く浅くいろいろ考えるよ。

体力ナシでもママチャリしまなみ海道。

やぁ、Natscoです。

今回は岡山県尾道から愛媛県今治までを結ぶ「しまなみ海道」についてです。

 

f:id:nats-co:20161101221401j:plain

しまなみ海道サイクリング

f:id:nats-co:20161022211530j:plain 

瀬戸内しまなみ海道振興協議会

しまなみガイドより引用

 

島と島を結ぶサイクリングコース!

全長は70㎞!

「本気ライダーなら約3時間」「初心者なら約8~10時間」くらいが目安。途中観光はナシで。

 

いやいやいや…!無理ムリむり!

 

そんな長時間自転車に乗ったらおしりが割れちゃう!

・体力ナシ

・根性ナシ

軟弱な私には、しまなみ海道走破はどうあがいても無理なので…

今回は、「しまなみ海道・お気楽サイクリング」に挑戦しました。

 

お気楽ルート

 

 f:id:nats-co:20161022211606j:plain

©しまなみ海道振興協議会

交通アクセス 航路マップより引用

 

ご覧の通り、しまなみ海道沿いでは、多くのフェリー、高速船、快速船が就航しています。

行きはサイクリング、帰りは船と使い分ければ、復路の心配をせずにサイクリングを楽しむことが出来ます。

もちろん、自転車も一緒に乗船できるので、尾道でレンタルしてもきちんと返却できますよ。

 

今回私は、3つ目の島「生口島」まで自転車で向かい、瀬戸田港から尾道に戻るコースを取りました。ゆっくりと風を感じながらサイクリングが出来て、初心者の方におすすめです。

 

尾道で自転車を借りる → 向島スタート → ③ランチ(立花食堂) → 因幡大橋~因島 → ⑤おやつ → ⑥生口大橋~生口島 → ⑦デザート → ⑧瀬戸 → フェリー尾道

 

ママチャリでのろのろ走ってだらだら食べて…トータルで5時間ほど!

「70kmはちょっと…」「宿泊する時間はない!」という方でも、半日だけサイクリングできます!

 ここからはしまなみ海道のおすすめポイントを紹介します!

 

初心者でも安心!

 

f:id:nats-co:20161101221510j:plain

スタートの尾道のフェリー乗り場のすぐそばで自転車をレンタルすることが出来ます。

尾道港(駅前港湾駐車場) | レンタサイクルターミナル | レンタサイクル・料金 | サイクリング | SHIMAP しまなみ海道観光マップ

 

大人一日1000円でレンタルが出来ます(貸し出し時に保証金で1000円預けます)

乗りなれてるママチャリを借りたのですが、まぁまぁキツイ勾配があるので、電動自転車をお勧めします。

電動アシストは6時間で1500円。

数に限りがあるようなので、お早めに…!

 

f:id:nats-co:20161022212522j:plain

 

サイクリングロードもこのように、青いラインがひいてあるので、迷いません。(私は迷いました)

 

思いつきで走ってもある程度大丈夫。

私は帽子忘れたのとミニスカートだったので地獄を見ました。

 

美味しいものがたくさん

 

長時間自転車を漕ぐとお尻も痛いしおなかもすく。

 

でも大丈夫。道中には美味しいものがたくさん。

ここだけおさえればきっとOK!おすすめのランチ、カフェ、ジェラート

 

立花食堂

 一つ目の島、向島

f:id:nats-co:20161101220950j:plain

見るからにおしゃれな外観の食堂。

日曜のお昼時だったのでちょっと混み気味。

海鮮丼!海沿いならではの新鮮な海鮮。おしゃれなランチで疲れも吹き飛ぶ!

 

関連ランキング:定食・食堂 | 尾道

 

カフェテラス 菜のはな

二つ目の島、因島

f:id:nats-co:20161101221016j:plain 

海沿いにある静かなカフェ。

ワッフル。フルーツたっぷりでおいしい。甘いもの大事。

サイクリングで来ると、お店の方がお水の補給をしてくれます。ありがたい。

 

関連ランキング:カフェ | 尾道市その他

 ジェラート

 f:id:nats-co:20161101221035j:plain

サイクリングコースの途中にあるジェラート屋さん。種類がおおくて悩んじゃいます。

わたしは、伯方の塩味をチョイス。濃厚なバニラに塩見が効いてさっぱりいただけます。他にもたくさん試したくなる素敵なジェラート屋さんでした。

 

関連ランキング:アイスクリーム | 尾道市その他

 

橋から臨む絶景

f:id:nats-co:20161101221310j:plain

しまなみ海道サイクリングの醍醐味はなんといっても橋。

離島を渡るので、橋は渡らなければなりませんが、まぁ、キツイ。少し急な坂を上らないと橋に到達できないのです。

 

f:id:nats-co:20161101224740j:plain

 

マジで、ママチャリキツイ。何度引き返そうと思ったことか…

しかし、橋からの景色をみれば疲れも吹き飛びますよ!

 f:id:nats-co:20161101221237j:plain

 これは最初に渡る因幡大橋。車道の下をサイクリングコースが走っています。

f:id:nats-co:20161101221310j:plain

これが二つ目の生口大橋。海を見下ろしながら風を感じることが出来ます。

 

f:id:nats-co:20161101225642j:plain

何だか海の上を飛んでいるような爽快感。なかなか体験できませんよね。これが本当に楽しい。きつくてもぜひ渡ってみてほしい!

 

まとめ

すっかり日も傾いて、帰りはフェリー。

f:id:nats-co:20161101221900j:plain

 三つ目の島 生口島の「瀬戸田港」から尾道までやく40分で運んでくれます。

片道1050円と、自転車を同乗する場合には+300円です。

 

体力も根性もないけれど、サイクリングに挑戦して楽しかったです。

写真を見返せば、「あぁーきつかったぁ」って思うけど、同時に潮風の感じながら走る爽快感がよみがえります。しまなみ海道、おすすめ。

 

最期に、今回紹介したコースとスポットをまとめておきました。

あぁ、ながかった!

広告を非表示にする