読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am Natsco

お金はないけど、暇はある。自由を持て余して考えてみたり、旅してみたり。2017年はアウトプットが出来る人間になりたい。

【九份】大人気!the 観光地!

やぁ、Natscoだよ。

この旅行、もはや遠い過去なのに、写真を見たり日記を開くと記憶が鮮やかに蘇りますね。えぇ。

 

今回はようやっと台湾旅行の定番スポット「九份

ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」に雰囲気が似ていると話題の観光地ですね。

 

と、言うこともあって、これまでにも増して日本人率が多くなりますし、日本語通じるので安心です。

 

ーーーーーーー

まず、九份へのアクセス方法。

タクシー使うのが一番楽なようですが、バスをチョイしました。

f:id:nats-co:20160725203329j:plain

バスの出発は平渓線のスタート地点「瑞芳」駅。 

バス停があるのは「南側」です。

f:id:nats-co:20160725203401j:plain

駅前にたくさんバス・タクシーが止まっているのですが、九份行きはちと離れたところに。

駅前の横断歩道を渡り、左手に曲がってまっすぐ。消防署だか、警察署だったか、それを少し過ぎたところに人混みが出来ているでしょう。そちらです。

電車の時間によっては大行列ですが、運転間隔がせまいので、見送っちゃった方がゆったり座れるかも。

 

そこから揺られ揺られて3、40分。「え…まだ?」と、結構不安になりますが、ちゃん到着しました。

 

 f:id:nats-co:20160725203805j:plain

もう!ひとが!多い!

疲れが来てて、観光が雑になってきました。

とにかく、人の波に乗って進むと…

 

 f:id:nats-co:20160725203855j:plain

はい!

千と千尋の神隠し』の湯婆婆の宿っぽい、お茶屋さん。



ここも大丈夫、日本語通じる。威圧的な感じで日本語接客してくる。

「一人です」っていったらちょっと嫌な顔されました。混んでたので相席でした。


f:id:nats-co:20160725204134j:plain

お茶道具を一式持ってきてくれると、一回目のお茶はお店の人が淹れてくれます。

f:id:nats-co:20160725204204j:plain

「一番茶捨てるネ」

(あ、本当に中国人ってこういうしゃべり方するんだぁ…)

 

 f:id:nats-co:20160725204236j:plain

お茶菓子もさまざま。

・わらびもち

・梅干し…の甘い…砂糖の…なにか

・ゴマせんべい

落雁てきな…なにか

 

 

お茶もとってもフルーティーでいい香り。

ゆっくりと楽しめました!

日本人多くてちょっとうるさいかもだけど、雰囲気はばっちり。晴れていたら外の景色も見えるはず。

おちゃっぱの量が多くて、おなかタプタプになって帰りました。ごちそうさま。



ーーーー

九份名物の「芋圓」も食べたい!

何だかは分からないけど、見た目がかわいい!

地球の歩き方にも載っていた「頼阿婆芋圓(ライアーポーユィユエン)」

 

案の定人がたくさん。(写真とったけど映り込み半端ないので載せるのやめます)

行列に並び、40元。冷たいのと温かいのがあるそうですが、寒いのでホットをチョイス。

 

f:id:nats-co:20160725204653j:plain

…なんか思ってたのと違う気がする。

疲れで美味しそうに撮ることを放棄した。

サツマイモ、紫イモから作るだんごがもちもち。

でもなんか、味が薄い。うっすいぜんざいみたいな。

あんまり好きじゃなかったかも。

 

f:id:nats-co:20160725204905j:plain 

歩いているだけでも十分楽しい九份

でも、観光地観光地過ぎて、それから日本人が多すぎてちょっと疲れが来るかも。

晴れた日にまた来たい、そんなスポットでした。

広告を非表示にする