I am Natsco

お金はないけど、暇はある。自由を持て余して考えてみたり、旅してみたり。興味の方向がとっ散らかって広く浅くいろいろ考えるよ。

【寧夏夜市】ひとりで喰い倒れてみた。

やぁ、中国語の圧に慄くNatscoだよ。

意味は分かる。読めないけど、わかるんだ。でも…

 

台北に到着し、チェックインを済ませた午後7時。メトロに乗って、夜市へ向かいます。

台湾人から、「夜市にゃ、人と臭いで溢れているよ」というアドバイスをいただいておりました。とは言え、こちらは日本人。満員列車とか、なにやらの行列とか、そういう狂気的な人口密度にはなれた種族でございますから、「スリに気を付ける」程度の心づもりで向かったのです。

 

f:id:nats-co:20160324214321j:plain

人。人。人。

飛び交う中国語。語気が強い。

読めないし。なんか怖い。

 

日本であまり体験したことのない文化。

ただただ通り過ぎるだけで、覚えるカルチャーショックです。

なんかもう、おなかいっぱいなのですが、そうは言ってられない。

 

話しかける勇気はなかったので、長いものに巻かれて行列に並んでみることに。

 

f:id:nats-co:20160324214441j:plain

こちらは、台湾ソーセージのお店。

お店の兄ちゃんがタバコふかしながら焼いてくれました。

なんだか、ソーセージにあたった体験談なんかを読んでちょっと怖かったのですが、とてもしっかり焼いてくれたのと、まぁお腹強いので。

f:id:nats-co:20160324214514j:plain

味付けは、いろいろあったみたいなのですが、こちらが日本人と分ると「スパイシー?OK?」と、カレー味一択でした。

これがもう、本当においしかった。

 

f:id:nats-co:20160316220240j:plain

香辛料が効いていて、初めての味だったのですが、噛みしめると広がる甘さに病みつきに。アツアツのソーセージは肉汁をたっぷり含んでいて、滴るしたたる。おいしい。

 

二つ目に挑んだのは、オムそばみたいなやつ。

 

f:id:nats-co:20160316220328j:plain

行列だったし、がっつり食べたかったので。注文を受けてから作るようで、ものすごく時間がかかりました。

メニューが多かったので、注文は戸惑いました。読めないから。

一番人気っぽい「黄金焼麺捲」えーっと、golden fried noodle role…? 

写真を指差して「This one!」でお願いしました。ごめんね。

f:id:nats-co:20160324214548j:plain

もっちりとした薄焼き卵の中に、焼きそば。こちらの香辛料も独特の味わいで、どんどん箸が進みます。

 

続いては、こちらも行列だった、甘味の屋台。

 

f:id:nats-co:20160324214627j:plain

おっきな鍋に無数にぷかぷか浮かぶこれ、おもち。

f:id:nats-co:20160324214656j:plain

まんまるのおもちに、ゴマと落花生をそれはもう豪快に振りかけます。

f:id:nats-co:20160324214730j:plain

もちもち。おなかにたまる。 

 

一人旅の宿命なんですが、量が多い。シェアしていろいろ楽しむのが、夜市ではベストなんでしょうね。口惜しい。

いろいろ気になったものがいっぱいあったけれど、満腹になっちゃったり、怖気づいてしまったところもあって…。

 

f:id:nats-co:20160324214851j:plain

 

 

f:id:nats-co:20160324214939j:plain

 

 

f:id:nats-co:20160324215016j:plain

 

気になるお店、食べ物がいっぱい。

 

f:id:nats-co:20160324215209j:plain

日本人が通るたびに、「え…牡蠣をこんな風に置いてしまうの…?」と呟いていた。

確かに怖い。あなたも私も日本人。

 

寧夏夜市》

場所:MRT「連」駅から、まっすぐ、ひたすら歩く。10分くらい。

時間:18:00~3:00

コメント:狭い道に人がいっぱい。荷物気を付けたい。

広告を非表示にする